リデュースって本当に効果が出るのですか?医療用の食欲抑制剤なら効果が出やすい

肥満の人がダイエットするには摂取カロリーを減らす事が大切です。しかし今までの食事から一気に制限すると空腹感に悩まされて、ダイエットに失敗する事がありました。ダイエットとリバウンドを繰り返すと余計に肥満が進んでしまいかねないです。

引合い→リデュース(食欲抑制剤)の通販・個人輸入なら任せて安心TOP http://www.ntp-k.org/medicine/kaizen/reduce.html

そんな時に魅力的なのが食欲抑制剤です。食欲じたいが抑制されるため自然と摂取カロリーが少なくなり脂肪減少へと繋がります。

■どんな食欲抑制剤があるのか
食欲抑制剤には医療用として用いられているマジンドールと言うものがあります。食事療法や運動療法を行っても痩せなかった高度肥満の人に良く使用されています。人の脳には満腹中枢と言うものがあり、たくさん召し上がると満腹中枢が刺激されて満腹感が出てきます。

マジンドールにはこの満腹中枢を刺激し食欲を抑える効果があるのです。ダイエットサプリでは本当に効果が出るのか出ないのか分かり難いものがありますが、マジンドールは食欲抑制剤としては日本で承認を受けているために信頼性が高いです。BMI数値35以上の人なら保険が適用されますが、数値35以上と言うのはかなり太っている状態です。

それ以外の人は保険が適用されませんので注意が必要です。その他にも依存性があると言う注意点があります。長期間の服用は避け、1か月以上服用しても効果が出ない時はいったん中止して医師に相談して下さい。

■シブトラミンは危険
食欲抑制剤にはシブトラミンと言うものもあります。優れた食欲抑制効果がありますが、心臓疾患を抱えている人は重大な副作用が出かねないので注意が必要です。日本では2007年に承認申請されましたが2009年に却下されました。一部のダイエットサプリにはシブトラミン配合と明記せずに販売しているものが見られます。

知らずに危険性のあるシブトラミンを飲んでしまう恐れがありますので、信頼性の高いものを選ぶ事が大切です。

■最後に
医療機関のメディカルダイエットではきちんと正式に認可されている医療用の食欲抑制剤を用いています。一人の判断で食欲抑制剤を服用するより、医師の指示に従ったほうが安心安全です。

リデュースなどの食欲抑制剤が処方される目安と、服用期間やリバウンドについて

食欲抑制剤は、ダイエットを常に心がけている方、重度の肥満症の方なら1回くらいは聞いたことがあると思いますが、その名前の通り、人間の欲の1つとしてとても代表的な食欲を抑える薬です。一般的には医療機関で処方される薬で、日本で扱っている薬も1種類だけと少なく、そして高額なものです。

食欲抑制剤は、どのような条件で処方されているものなのでしょうか。また、服用に関する期間やリバウンドなどはないのでしょうか。

■少々の肥満症では処方されない薬
食欲抑制剤は、肥満症の方に処方される薬だと言われているのに、実際のところでは、多少の肥満程度では処方されない薬として有名です。例えば、体重計に良くある肥満度の一般的な医学的判定基準の、肥満度で言えば、+20程度の人は全く話になりません。

ですが、体重計の上では太りすぎという範囲のはずです。一般的な太りすぎの範囲を超えて、肥満度で言うところの+70以上の方に対して処方されるものであり、その数値の違いからしても違いがあるように、実際の太り具合についても全く違う性質の場合に処方されることがわかります。

リデュースなどの食欲抑制剤が処方される目安と、服用期間やリバウンドについて

BMIという体格指数で言っても、一般的には25未満は普通の範囲に属しますが、それ以上になると太っているとか、太りすぎといった指数になってきます。このBMIで言っても35以上の方といったように、かなり太らなければ処方される対象にもならないものです。

医学的根拠がある肥満というのは、BMIでは26.4以上としていて、それを超えない範囲ではぽっちゃりしていると表現されることが多いようです。